何を持っていればよいの?クレジットカード現金化には実際は何が必要になるの?

クレジットカード現金化は、金融会社からお金を借りることとは違って、持っているクレジットカードのショッピング枠を現金に換えることで、お金を手に入れます。

カードを持っていれば誰でもできるといわれていますが、実際に必要なものとはどのようなものなのでしょうか。

身分証明書のみでクレジットカード現金化できる

クレジットカード現金化は、審査不要で現金化できますが、実際に必要なものは身分証明書になります。

パスポートや保険証でもできるところもありますが、何が証明になるかは各現金化業者に確認したほうが良いです。

実際現金化するときは、運転免許証を使いました。

顔写真付きですし、いつでも財布に入っているため探すこともなくすぐに手続きができる流れとなりました。

免許証を身分証明書代わりにしている人もいますので、そのまま使えます。

本人名義のクレジットカードの所有

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を現金に換えることでお金を手に入れますので、クレジットカードを持っていないと現金化はできません。

クレジットカード会社に返済の目途が立っていることを証明できることから、現金化業者もトラブルを避けたいため、本人名義のクレジットカードを求められることがほとんどになります。

買い物のためにクレジットカードを所有している人も多く、海外での旅行の時役に立つのがクレジットカードです。

いつも財布に一枚は入っているので、すぐに出すことができました。

ネット銀行などは24時間入金大丈夫

必要なものという括りからは少し外れるかもしれませんが、入金してほしい口座はネット銀行など大手銀行口座を持っているほうがスピードを重視したいならおすすめです。

モアタイムシステムを導入している銀行で、業者側も対応している口座なら、利用者も24時間365日入金してもらえる可能性が高くなります。

楽天銀行の口座を前々から持っていたため、入金までスムーズにしてもらえました。

地方銀行やあまり知られていない銀行だと入金が遅れる場合があるそうです。

すぐにでも入金があったため、待つ時間が少なくイライラや不安を感じませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。