本当にお金で困ったときに一番頼りになるのがクレジットカードで現金化する事

クレジットカードで現金化することは、カードローンよりもはるかに頼りになる存在です。

このように言うと、カードローンの方が頼りになるという人もいるはずです。

でも、実際にはカードローンはいざというときに頼りにならないときがあるんです。

そこで、クレジットカードで現金化することとカードローンを比較してなぜクレジットカードで現金化する方が頼りになるのかを解説します。

クレジットカードで現金化する時は審査がいらない

カードローンを利用するとき、問題になるのが審査に通過するかどうかということです。

カードローンを利用する場合は必ずそのカードローンの審査があって、その審査を通過しなければなりません。

簡単なようでこれが意外と大変です。

たとえば、これまでにスマホの料金を滞納したことがあるとか、クレジットカードの支払いを延滞したことがあるといった場合、金融事故として取り扱われていて審査に通過できない場合があります。

また、現在の職場での在籍期間、年収なども審査に影響があります。

これらの審査を通過してやっとカードローンは借りられるのです。

これでは本当にお金が必要というとき、時間がかかりますし審査に落ちたら最悪です。

ところが、クレジットカードで現金化するのは審査が必要ないんです。

なぜなら、クレジットカードをすでに作る時に審査に通過しているのでお金を借りようというときに審査なしですぐにお金が借りられるのです。

クレジットカード現金化は総量規制の対象でないから

カードローンには総量規制という法律があって、最大でも年収の3分の1しかお金が借りられないという決まりになっています。

つまり、カードローンの場合はまとまってお金が必要というときに頼りになりません。

ところが、クレジットカードでは総量規制の対象外です。

つまり、現金化で利用するショッピング枠の限度額までならいくらでもお金を借りられるのです。

まとまってお金が必要というときも圧倒的にクレジットカードで現金化が強いのです。

これまでにクレジットカードで現金化してトラブルになった人は見ない

クレジットカードの現金化は違法ではありません。

そのため、これまでにクレジットカード現金化でトラブルになって警察に御用になっている人はいません。

クレジットカード現金化業者は摘発された例はあるのですが、利用者は安心して利用できます。

カードローンももちろん違法ではないですが、以前は法外な金利を取っていていまだに過払い金が発生しているという問題もあります。

安心して利用できるという意味でもクレジットカードで現金化の方がおすすめなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。